ルヴァン杯プレーオフ第2戦甲府戦

2-1で勝利するも、2戦合計2-3で敗退。3点差以上の勝利が求められるも、全体的に覇気の感じられないゲームだった。

西川 5.5 失点はコーチングの問題。相変わらずキックの精度に欠ける。
橋岡 5.5 守備はまあまあだったが、攻撃はかなり物足りなかった。
マウリシオ 4.0 失点に直結した判断ミスを始め、パスミスやカバーリングの遅れも多かった。
岩波 6.0 フィードはもう少しできたと思うが、守備では再三のピンチを身体を張って防いだ。
宇賀神 5.0 トラップすれば攻撃をノッキングさせ、ダイレクトパスは敵に渡す。抉るシーンは皆無。
阿部 5.5 守から攻への繋ぎ役となっていたが、怖さがなかった。
青木 5.5 守備はまあまあだったが、攻撃のアイディアがなく、ボールを持たされて辛そうだった。
マルティノス 5.0 守備をしないなら、攻撃で価値を見せなければ、助っ人を出す意味はない。
武藤 5.5 運動量は相変わらず豊富だったが、ペナルティエリアに殆ど入れなかった。
山田 6.0 豊富な運動量と精確なパスで前半の攻撃を牽引したが、後半サイドに移されて次第に消えた。
興梠 7.0 見事な2得点。後半はバテた。
柏木 5.0 後半から。見せ場は作ったがそこまで。
李 5.0 わざわざ武藤に代える必要はなかった。
武富 5.0 もう少しこの選手の特徴を活かした配置を考えるべき。

監督 4.0 言葉を飾らずに言えば、柏木の投入は采配ミス。先発させ、3点取ってから青木や阿部を投入すればよかった。終了間際のパワープレーもワンパターン。

審判 4.5 後方からのプッシングにやたら甘いくせに、オフサイドは無闇に厳しかった。

第14節鳥栖戦

0-0の引き分け。あれだけチャンスを作って、点が取れないのは、攻撃の仕方か決定力に大きな問題がある。相手は17位。

西川 6.0 守備機会の少ないこのような試合で、キックで違いを出せないならば、並のGK。
遠藤 6.5 CB、ボランチとまさにマルチロール。
マウリシオ 6.0 プレッシャーの少ない展開の割にはチャレンジパスが少なかった。
槙野 6.0 守備はミスがほとんどなかったが、こういう展開ならもっと攻撃参加できた。
橋岡 5.5 守備はできたが、攻撃は相手に封じられ形を作ることができなかった。
青木 6.0 中盤でフィルター役を果たした。
長澤 6.0 ビルドアップに貢献したが、アタッキングサードでは決定的な役割を果たせなかった。
宇賀神 4.5 ダイレクトプレーや突破は数えるほど。パスの精度も悪く、攻撃をノックダウンさせた。
柏木 5.0 司令塔のアイディアや出来が攻撃を左右するとするならば、今日の彼の出来が結果に直結したということだろう。
武藤 5.5 運動量は豊富だが、こういう日はゴール前での仕事の成否が評価を分ける。
興梠 5.0 前半途中からボールがなかなか来なくなった。
マルティノス 5.0 一言で言えば連係不足。
李 4.5 一言で言えば決定力不足。
山田 - 時間短く評価しない。

監督 5.5 やり方が浸透していないというエキスキューズがあるにしても、4トップは戦術としては効果的でないと思う。相性悪いからって17位の相手にビビり過ぎ。

審判 6.0 いくつか不可解な判定もあったが、概ね公平で、ベテランらしくコミュニケーションをとっていた。

第11節湘南戦

0-1の敗戦。ミキッチにサイドを破られ、クロスへの対応が後手に回った。

西川 5.5 失点は彼ばかりのせいではないが、最近のフィードの劣化は改善されないまま
遠藤 5.5 守備陣全体のポジションバランスが悪く、サイドで連動性がなかった
マウリシオ 4.5 プレーが全体に消極的。心ここに在らず?
槙野 5.0 ミスが多かった。代表には高いプレーレベルを求めたい
阿部 5.0 確かに守備では効いていたが、攻撃に寄与しなかったので、効果的な攻撃ができなかった
山田 5.0 ボールを後追いして消耗する悪い癖が出た。ただ、攻撃ではいくらか効いていたので交代は勿体無かった
橋岡 4.5 サイドで孤立し、ボールをロストする繰り返し。戦術の犠牲になった
菊池 4.5 ミキッチとは互角だったが、攻撃でも守備でも効果的なプレーはできなかった
柏木 4.0 攻撃を全く構築できなかった。ノールックパスは封印すべき
興梠 5.5 前線を精力的に動き、組み立てにも関与したが、かえって前線が手薄になった
武藤 5.0 運動量が多く、チャンスも作ったがそれ以上に空回っていた
長澤 5.0 湘南のプレスが効いているうちは自分のプレーができなかった
ナバウト 5.5 与えられた時間の割にチャンスは作ったが、いかんせん決定力が低すぎた
宇賀神 5.0 プレーのメリハリがありすぎ。途中出場ならもっと全力でプレーすべき

監督 5.0 まだチームを把握する途上ながら2連敗はいただけない

審判 5.5 視野は些か狭かったが無難に捌いた

今朝の富士山

今朝の富士山
強風の影響で雲が吹き飛んでしまいました。

第9節札幌戦

0-0の引き分け。正直勝てた。勝てなかった原因は‥と考えると採点はこうなるのかな。

西川 5.5 勿論好セーブもあった。しかしフィードの大半は橋岡に助けられたもの。只のGKになってしまった。
岩波 6.5 ポジションが良く、縦パスもよし。乗ってきたか。
阿部 6.5 都倉とのバトルは見ごたえがあった。
槙野 6.0 手堅く無失点に貢献した。
遠藤 7.5 守備(インターセプト)、攻撃(縦パス)とも素晴らしい出来だった。
長澤 7.0 運動量、激しい球際、効果的なショートパスを見せた。
宇賀神 5.5 バランスは取れていたと思うが、はっきり言って目立たなかった。
橋岡 7.0 フィードのターゲット、サイドの守備で常に優位に立った。
柏木 5.5 セットプレーをあれだけ得たなら、点を決めなければ。
興梠 5.5 いいポジションから攻撃に絡んでいたが、最後は疲れてしまった。
武藤 5.5 運動量は多かったが、FWたるもの決定機は確実に決めるべき。
青木 - 時間短く評価しない
武富 - 時間短く評価しない
李 - 時間短く評価しない

監督 6.0 有終の美を飾りたかったところだが、今日も展開に合うベンチメンバーがいなかった。

審判 5.5 札幌のラフプレーはもう少しきっちりファウルやカードを提示するべきだった

第9節札幌戦

0-0の引き分け。正直勝てた。勝てなかった原因は‥と考えると採点はこうなるのかな。

西川 5.5 勿論好セーブもあった。しかしフィードの大半は橋岡に助けられたもの。只のGKになってしまった。
岩波 6.5 ポジションが良く、縦パスもよし。乗ってきたか。
阿部 6.5 都倉とのバトルは見ごたえがあった。
槙野 6.0 手堅く無失点に貢献した。
遠藤 7.5 守備(インターセプト)、攻撃(縦パス)とも素晴らしい出来だった。
長澤 7.0 運動量、激しい球際、効果的なショートパスを見せた。
柏木 5.5 セットプレーをあれだけ得たなら、点を決めなければ。
興梠 5.5 いいポジションから攻撃に絡んでいたが、最後は疲れてしまった。
武藤 5.5 運動量は多かったが、FWたるもの決定機は確実に決めるべき。
青木 - 時間短く評価しない
武富 - 時間短く評価しない
李 - 時間短く評価しない

監督 6.0 有終の美を飾りたかったところだが、今日も展開に合うベンチメンバーがいなかった。

審判 5.5 札幌のラフプレーはもう少しきっちりファウルやカードを提示するべきだった

第8節清水戦

2-1の勝利。3連勝。しかしまだ盤石の試合運びでなく、引き続きチームビルディングが必要。

西川 6.0 フィードは今ひとつ。失点もDFと連携すれば防げたはず
遠藤 6.0 橋岡と連携してビルドアップをスムーズにした
マウリシオ - 開始早々に怪我
岩波 6.5 マウリシオの怪我で緊急出場するも、随所に好フィード連発。失点シーンはマークが甘かった
槙野 6.0 パスカットや競り合いで仕事をした
阿部 6.0 攻守のリンクマンとして中盤を引き締めた
長澤 6.5 ボランチの位置から攻撃をつかさどった。ボール奪取も多かった
橋岡 6.5 まさに「闘将」。技術的に未熟な部分を気合いでカバーし切った
菊池 6.0 1アシスト。前半左サイドを制圧した
柏木 5.5 連携では力を発揮したが、走力が求められる場面では物足りなかった
武藤 6.5 他の選手が足をつったりする中、FWとウィングでフル出場するスタミナには頭が下がる
興梠 7.0 流石の2得点。特に2点目は技アリヘッド
ナバウト 5.0 守備をしっかりするから使われるのだが、そろそろ得点が欲しい。逸機が多い
青木 - 時間短く評価しない

監督 6.0 巧みなマネジメントで3連勝。ベンチにいるメンバーのチョイスにもう一工夫欲しい

審判 4.5 ダブルスタンダードなのか、見えていないのか。前者なら悪質、後者なら無能。いずれにせよ三流。

第6節仙台戦

1-0の勝利。今シーズンようやく初勝利。

西川 7.0 無失点。好セーブ連発
遠藤 7.0 石原とのバトルをほぼ制したことが勝利の一因
マウリシオ 6.5 あわやオウンゴールもあったが、概ね無難にこなした
槙野 7.0 スーパーセーブもあり、流石日本代表
平川 6.5 攻撃では合わなかったが、守備は連携して抑えた
菊池 6.5 運動量が求められるポジションで役割を果たした
阿部 6.5 惜しいミドルも放ったが、中盤をよく引き締めた
青木 6.5 中盤が2人となり、連動性が向上した
柏木 6.0 その鈍足のせいで、いくつかのビッグチャンスをふいにした
興梠 7.0 ゴールはスーパーだったが、もう1点決められれば楽だった
武藤7.0 豊富な運動量で攻撃を支えた。1アシスト
ナバウト 6.5 外国籍とは思えない守備の献身性。早くゴールが見たい
森脇 5.5 慣れないポジションだったとは思うが、怪我ですぐ退場したのはもったいなかった
長澤 - 時間短く採点なし

審判 5.5 いくつかあやしい判定があったが、致命的ではなかった

監督 6.5 2試合目の采配で勝利。選手の特徴にあったシステムで連動性が向上した。ベンチメンバーのチョイスを工夫したい。

第4節横浜戦

0-1の敗戦。出口見えず。

西川 5.5 スーパーセーブを何本も見せ「当たっていた」がそれでも1失点。
菊池 5.5 タスクの多いサイドバックでがんばったが、相手のパス回しに翻弄される場面も。
マウリシオ 5.5 安定感はかなり増した。
槙野 5.5 再三好守備を見せたが、先に失点してしまった。
青木 5.5 アンカーとして中央突破はほとんど許さなかった。
長澤 5.5 相手のパス回しに翻弄されたが、要所でチャンスは作った。
柏木 5.0 興梠と2人でプレスをがんばるというタスクは彼の体力的に厳しかったのでは。
武冨 5.0 時々良いボールを引き出したが決定的な場面は余り作れなかった。
武藤 5.5 前線からの体を張った守備やカウンターの起点としてがんばった。
興梠 5.0 今日も余りボールが来なかった。
山田 5.0 らしいプレーでボールに絡んだ。
ズラタン 4.5 ストライカーとしての怖さが全く無い。
荻原 ー 評価なし

監督 3.0 運か能力か、その両方かに欠けるんだと思う。

審判 4.0 主審の視野の狭さは変わらないが、今日は副審の判定、特にオフサイドが酷かった。

第3節長崎戦

結果は1−1。内容で押してて、この体たらく。

西川 6.5 PKは彼の責任ではない。スーパーセーブも見せた。
遠藤 5.0 攻撃面では物足りなく、PKも献上するなど、守備でも安定感を欠いた。
マウリシオ 6.0 守備の安定感を取り戻した。
槙野 6.0 変わらず守備は安定。
宇賀神 5.5 途中から消えた。水曜温存された選手はフル出場すべき。
青木 6.0 中盤が流動的な分苦労していたが、よく守っていた。
長澤 6.0 ボールの引出し役として機能していたが、その分前線での迫力不足となった。
柏木 6.0 もう少し長澤との役割分担を明確にするすべき。
マルティノス 4.5 がんばっていたが、ボールが収まらない、ロストも多すぎる。
武藤 5.0 彼のような選手は戦術的に整理されていないと埋没する。試合から消えていた。
興梠 5.5 ボールが来ず、下がっては攻撃の迫力が薄れる悪循環。
武冨 6.0 攻撃を活性化させた。
ズラタン 6.0 やっと得点。攻守にがんばった。
菊池 ー 時間短く評価しない。

監督 3.0 戦術はもう限界。
審判 6.0 無難で公平だった。

«第2節広島戦

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ